老化を早める酸化と糖化とは?

公開日: : 最終更新日:2015/06/05 健康と生活の知恵

酸化とは皮膚が金属のように錆びること

体に取り入れた酸素は一部が活性酸素に変化。
健康な細胞を攻撃して劣化させる。
これが酸化。
しわやしみ、がんを引き起こすことも。
主な原因は紫外線、アルコール、タバコ、ストレス等。

糖たんぱく質が結合

こんがり焼いたパンが糖化の例。
糖を摂取しすぎると たんぱく質をとりこみ、くすみや弾力低下を引き起こすといわれる。
原因は糖の過剰摂取。
炭水化物や果物食べすぎ、焦げ目、高温で調理されたものにAGEsが多く含まれている。
老化の原因に糖化が多く関わっていると言われている。

運動で防止できる

AGEsは運動により糖が消化され防止できる。

血管だと動脈硬化 アルツハイマー病にかかわっている。
血糖値の急上昇でAGEsができやすい。

AGEsを溜めないには

炭水化物、糖をとりすぎない、
食事の順番、野菜から食べる、
運動をして糖を消費するなどの、
生活習慣の見直しが必要です。

参考の記事:糖化は骨が茶色になる骨質の違い、焦げ

関連記事

no image

2度寝 寝貯め 休日に寝すぎは体内時計にずれが生じ悪い寝起き

あなたにベストな睡眠法、グッスリスッキリ

記事を読む

no image

息止め筋トレしすぎで血管が硬く強くなる

筋肉芸人である庄司智春に見つかったのは高

記事を読む

渡辺式ふくらはぎパンパン法の正しい方法とは?

渡辺式ふくらはぎパンパン法の正しい方法とは?

名づけて「渡辺式、ふくらはぎパンパン法」

記事を読む

コーヒー摂取と死亡リスクの関係

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下する

記事を読む

no image

風邪インフルエンザは水分を嚥下し日光を浴びる事

主治医が見つかる診療所より、風邪の予防法

記事を読む

no image

熟睡できない理由。早めに寝るが原因でイライラや焦りで不眠

成長ホルモンは寝た後3時間以内に多くでる

記事を読む

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目

キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜

記事を読む

no image

癌の予防効果のある食品が知りたい

1990年アメリカ国立がん研究所では以下

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

氷で首を冷やすダイエットの方法

氷で首を冷やすダイエットの方法

氷で首マッサージするとダイエット効果

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑