老化を早める酸化と糖化とは?

公開日: : 最終更新日:2015/06/05 健康と生活の知恵

酸化とは皮膚が金属のように錆びること

体に取り入れた酸素は一部が活性酸素に変化。
健康な細胞を攻撃して劣化させる。
これが酸化。
しわやしみ、がんを引き起こすことも。
主な原因は紫外線、アルコール、タバコ、ストレス等。

糖たんぱく質が結合

こんがり焼いたパンが糖化の例。
糖を摂取しすぎると たんぱく質をとりこみ、くすみや弾力低下を引き起こすといわれる。
原因は糖の過剰摂取。
炭水化物や果物食べすぎ、焦げ目、高温で調理されたものにAGEsが多く含まれている。
老化の原因に糖化が多く関わっていると言われている。

運動で防止できる

AGEsは運動により糖が消化され防止できる。

血管だと動脈硬化 アルツハイマー病にかかわっている。
血糖値の急上昇でAGEsができやすい。

AGEsを溜めないには

炭水化物、糖をとりすぎない、
食事の順番、野菜から食べる、
運動をして糖を消費するなどの、
生活習慣の見直しが必要です。

参考の記事:糖化は骨が茶色になる骨質の違い、焦げ

1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?
1センチ以下の膵臓癌を発見できる方法、膵臓がん確定は?

膵臓癌の5年生存率を上げる尾道プロジェクトがNHKで紹介されていました

no image
食物アレルギーとかぶれの違い

食物アレルギーは食べると全身に反応 かぶれは触った皮膚にだけ反応が出

no image
肺に食べ物が入ると消化されるの?

消化できないバリウムを間違って誤嚥した人の肺を見ると一生残ることがわか

no image
保育園に初めて預ける親へ育児アドバイス

0歳児から預かる保育園は慣らし保育はゆっくり見たい。 保育園によって

一般的な血圧は一日で変動し睡眠は低いが活動中は上がる
早朝高血圧予防は寝坊!朝三時に目が覚めたりしてごそごそしだす

高血圧には自覚症状がない。 そのままにしておくと血管や心臓への影

→もっと見る

PAGE TOP ↑