老化を早める酸化と糖化とは?

公開日: : 最終更新日:2015/06/05 健康と生活の知恵

酸化とは皮膚が金属のように錆びること

体に取り入れた酸素は一部が活性酸素に変化。
健康な細胞を攻撃して劣化させる。
これが酸化。
しわやしみ、がんを引き起こすことも。
主な原因は紫外線、アルコール、タバコ、ストレス等。

糖たんぱく質が結合

こんがり焼いたパンが糖化の例。
糖を摂取しすぎると たんぱく質をとりこみ、くすみや弾力低下を引き起こすといわれる。
原因は糖の過剰摂取。
炭水化物や果物食べすぎ、焦げ目、高温で調理されたものにAGEsが多く含まれている。
老化の原因に糖化が多く関わっていると言われている。

運動で防止できる

AGEsは運動により糖が消化され防止できる。

血管だと動脈硬化 アルツハイマー病にかかわっている。
血糖値の急上昇でAGEsができやすい。

AGEsを溜めないには

炭水化物、糖をとりすぎない、
食事の順番、野菜から食べる、
運動をして糖を消費するなどの、
生活習慣の見直しが必要です。

参考の記事:糖化は骨が茶色になる骨質の違い、焦げ

関連記事

no image

冷え性と毛細血管とがんの関係

粘膜が傷つくと再生します。 毛細血管の

記事を読む

no image

活性酸素を減らすビタミンCの量は毎日500グラム

風邪を引きにくくするビタミンC。 血管

記事を読む

コーヒー摂取と死亡リスクの関係

コーヒーと緑茶と死亡リスクの関係

緑茶は飲めば飲むほど死亡リスクが低下する

記事を読む

no image

息止め筋トレしすぎで血管が硬く強くなる

筋肉芸人である庄司智春に見つかったのは高

記事を読む

急増する尿路結石

急増する尿路結石の予防、対処、なりにくい食材、痛み

激しい痛みが伴う尿路結石は、大きさによっ

記事を読む

no image

鼻呼吸でアトピーが治る?

口の中の細菌感染は体全体の免疫を乱し、一

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

畑の青魚とはエゴマの種

畑の青魚とはエゴマの種

血管を若返らせる栄養素は青魚に多く含まれ

記事を読む

疲労回復にいい食べ物は鳥の胸肉

疲労回復にコンビニのからあげ君

溜まった疲れを取るためにやってはいけない

記事を読む

日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること

日焼けしない日傘の使い方は低く太陽の向きに向けること

基底細胞がんは紫外線により起こる皮膚がん

記事を読む

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

キュウリに含まれているホスホリパーゼが注目
キュウリは代謝を高める、脂肪を燃やす、分解して排出する効果も

キュウリは野菜の中で一番栄養価の低い野菜 ほとんどが水。 ダイエッ

→もっと見る

PAGE TOP ↑