病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため

病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐため
救急の医者の白衣、
半袖の先生が多いと思います。
病院の先生の白衣が長袖ではなく半袖なのは感染症を防ぐためです。

病院は細菌やウイルスが多い。
長袖だと汚染されたものが服につく。

手だと洗うだけで済む。
袖が患者などに触れないためだそうです。

病院では清潔と不潔という言葉があります

病院のナースステーションの台所シンクなんかに清潔と不潔と書かれた場所がありました。

簡単に言えば、
清潔は消毒したもの。
不潔は消毒していないもの。

です。

例えば清潔な場所に置いてあるタオル。
触るだけで不潔になります。
消毒をした後の誰も触っていない状態のことを清潔と言ったりします。
そうなると服は白衣であっても人が来ていて人と同じ空間にある以上不潔です。

細菌は目に見えないため感染症を防ぐためにそういったすみわけをしているのです。
衣服の汚れは洗濯しないと落ちませんが、手の汚れは洗えば落ちます。衛生的ですね。
コストカットにもつながります。衣服の値段も安いし洗いやすいかもしれません。
新型コロナウイルスの時代、消耗品はコストという考え方が薄れましたからね。
病院は感染症対策のために消毒、洗剤、水は湯水のごとくつかうしかなくなりました。