紫外線対策で減量できた理由は代謝アップ!

公開日: : 最終更新日:2015/05/28 健康と生活の知恵

紫外線対策はダイエットにもなる

紫外線に強い体を作ると自然にダイエットになる。
仕組みは超シンプル。

新陳代謝をたかめて肌の生まれ変わりのスピードアップ。
紫外線ダメージを受けた肌でも綺麗になる。
脂肪が燃えやすい体になる。ダイエット効果もきたい。

皮膚のターンオーバー=生まれ変わり

20代は30日、30代は40日。
若いうちには肌の生まれ変わりが早いのでシミが残りにくい。
若いうちはしみとして残る前に剥がれ落ちていく。
今までの紫外線対策はブロックだった。
紫外線に強い肌を作って紫外線ダメージを防ぐというのが新しい考え方。

紫外線に強い体を作る方法

1日5食

アメリカでもビバリーヒルズでは1日5~7食が推奨されている。
血糖値が高い状態が続く活性酸素が作られる。
活性酸素はしみが出来る原因。
5回に分けて血糖値が高い状態を防ぐ。
血糖値が上がった状態は脂肪を溜め込みやすい。
体であまった糖が肌に付着し、シミの原因になる
糖分は食べ過ぎると筋肉や臓器が満タンになり脂肪組織に保存してしまう。
体であまった糖が肌に付着し、シミの原因になる。

血糖値の急上昇を抑えることが紫外線対策になる。

ホワイトオムレツを食べる

卵白で作ったオムレツ。
紫外線によって壊された皮膚を回復する要素が含まれている。
卵白は肌の新陳代謝がアップ、シミをできにくくすする効果がある。

座っている間に溜まった脂肪が炎症物質を分泌、歩きだして活性化し痛くなる
総コレステロールが高い腰痛、腰椎硬膜外脂肪腫症

腰椎硬膜外脂肪腫症の英語と略語はLumbar Epidural L

no image
HBA1c白とGlu赤で境界型糖尿病と病名をつける

HBA1c 境界型糖尿といれなくなった。 HBA1c (3つ赤)が異

no image
原発性マクログロブリン血症の貧血-Hb値10未満,血小板減少-10万未満,寝汗,体重減少,リンパ節腫大,脾腫

80歳の男性です。 数年前から人間ドッグで貧血傾向に有り、 4ヶ月

子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから
子供が中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから

中耳炎を起こしやすい理由は耳管が水平だから 子供の耳管は傾きが水

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない
小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候群になる。 寝ている間、呼吸

→もっと見る

PAGE TOP ↑