紫外線対策で減量できた理由は代謝アップ!

公開日: : 最終更新日:2015/05/28 健康と生活の知恵

紫外線対策はダイエットにもなる

紫外線に強い体を作ると自然にダイエットになる。
仕組みは超シンプル。

新陳代謝をたかめて肌の生まれ変わりのスピードアップ。
紫外線ダメージを受けた肌でも綺麗になる。
脂肪が燃えやすい体になる。ダイエット効果もきたい。

皮膚のターンオーバー=生まれ変わり

20代は30日、30代は40日。
若いうちには肌の生まれ変わりが早いのでシミが残りにくい。
若いうちはしみとして残る前に剥がれ落ちていく。
今までの紫外線対策はブロックだった。
紫外線に強い肌を作って紫外線ダメージを防ぐというのが新しい考え方。

紫外線に強い体を作る方法

1日5食

アメリカでもビバリーヒルズでは1日5~7食が推奨されている。
血糖値が高い状態が続く活性酸素が作られる。
活性酸素はしみが出来る原因。
5回に分けて血糖値が高い状態を防ぐ。
血糖値が上がった状態は脂肪を溜め込みやすい。
体であまった糖が肌に付着し、シミの原因になる
糖分は食べ過ぎると筋肉や臓器が満タンになり脂肪組織に保存してしまう。
体であまった糖が肌に付着し、シミの原因になる。

血糖値の急上昇を抑えることが紫外線対策になる。

ホワイトオムレツを食べる

卵白で作ったオムレツ。
紫外線によって壊された皮膚を回復する要素が含まれている。
卵白は肌の新陳代謝がアップ、シミをできにくくすする効果がある。

関連記事

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑