紫外線対策で減量できた理由は代謝アップ!

公開日: : 最終更新日:2015/05/28 健康と生活の知恵

紫外線対策はダイエットにもなる

紫外線に強い体を作ると自然にダイエットになる。
仕組みは超シンプル。

新陳代謝をたかめて肌の生まれ変わりのスピードアップ。
紫外線ダメージを受けた肌でも綺麗になる。
脂肪が燃えやすい体になる。ダイエット効果もきたい。

皮膚のターンオーバー=生まれ変わり

20代は30日、30代は40日。
若いうちには肌の生まれ変わりが早いのでシミが残りにくい。
若いうちはしみとして残る前に剥がれ落ちていく。
今までの紫外線対策はブロックだった。
紫外線に強い肌を作って紫外線ダメージを防ぐというのが新しい考え方。

紫外線に強い体を作る方法

1日5食

アメリカでもビバリーヒルズでは1日5~7食が推奨されている。
血糖値が高い状態が続く活性酸素が作られる。
活性酸素はしみが出来る原因。
5回に分けて血糖値が高い状態を防ぐ。
血糖値が上がった状態は脂肪を溜め込みやすい。
体であまった糖が肌に付着し、シミの原因になる
糖分は食べ過ぎると筋肉や臓器が満タンになり脂肪組織に保存してしまう。
体であまった糖が肌に付着し、シミの原因になる。

血糖値の急上昇を抑えることが紫外線対策になる。

ホワイトオムレツを食べる

卵白で作ったオムレツ。
紫外線によって壊された皮膚を回復する要素が含まれている。
卵白は肌の新陳代謝がアップ、シミをできにくくすする効果がある。

関連記事

no image

角砂糖1個、糖質4グラム。白米で取りすぎ?

白米などの炭水化物は体に悪いって本当?

記事を読む

no image

鼻呼吸でアトピーが治る?

口の中の細菌感染は体全体の免疫を乱し、一

記事を読む

no image

健康にまつわる都市伝説、駆け込みドクター

嘘、ホント? 健康にまつわる都市伝説を

記事を読む

no image

寝苦しい夏の夜に熟睡する方法はクーラーつけっぱ

寝苦しい夏の夜熟睡するために良いことはク

記事を読む

no image

お酒を次の日に残さない方法

飲む前に卵かけご飯を食べる 卵の中

記事を読む

no image

癌の予防効果のある食品が知りたい

1990年アメリカ国立がん研究所では以下

記事を読む

no image

コーヒーは、すい臓癌,肝臓癌,子宮体癌のリスク低下、緑茶は胃がん

コーヒー飲むと癌になるのはウソ。 コー

記事を読む

no image

昆布茶で甲状腺腫大、橋本病、サイログロブリン上昇

昆布茶は体にいいとされますが長年の接種は

記事を読む

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

慢性痛。痛くてなにもできないから痛くても何かが出来たへ

急性痛:体を守る反応のひとつ 慢性

記事を読む

豆腐と柿の和え物のレシピで肌荒れしみを解消

豆腐と柿の和え物のレシピで肌荒れしみを解消

肌荒れしみは蛋白質の糖化で老化が進む状態

記事を読む

ガイドワイヤーを血管に挿入し、グルーガンで接着剤を注入
下肢静脈りゅの手術が10分!接着剤入れるだけ

下肢静脈りゅで傷が残らない10分で治る治療が紹介されていました。

no image
抗癌剤TS-1と喘息との関係は?

67歳の夫は4ヶ月前、胃がんのため胃亜全摘術を受けました。 リンパ節

皮つきピーナッツを、1日10~15粒(薄皮付きで食べる)+1日10分程度のウォーキングで効果はある
脳のゴミ出し力!皮つきピーナッツが認知症予防になる、たけしの家庭の医学より

脳のごみとはたんぱく質が溜まったものでアミロイドβという。 たとえ作

膵臓は膵頭部、膵体部、膵尾部の3つの部位
膵臓癌の勉強、1期2期3期4期手術するボーダーラインは?

人間ドッグ 腹部エコーで膵臓癌3期 癌は膵臓の外に広がって動脈にも転

no image
脳は抗癌剤が効きにくいが遺伝子異常が有る場合は効果が有る

55歳の夫は2年半前に人間ドッグのPET検査で右肺上葉に二センチの癌が

→もっと見る

PAGE TOP ↑