塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい

公開日: : 健康と生活の知恵

すんきという漬物がヨーグルトよりもいい乳酸菌が入っているそうです。
秋から冬にかけて作られるすんきは、赤カブの葉っぱのほうを使った漬物です。
株を入れるとピンク色になって綺麗。
長野県木曽で作られる、塩を使わない赤カブの葉の漬物。

塩を使わない漬物なので健康にもよいです

塩を使わない漬物すんきの乳酸菌がすごい
約300年前の松尾芭蕉の句にもありました。
花と散る みは再燃がころもきて
木曽の酢茎に春もくれつつ
酢茎がすんきのことだそうです。

すんきの作り方

  • 赤カブの葉をきざむ
  • 55度でゆでる
  • しなっとしたら10秒ぐらいで出す
  • 湯通しして殺菌して雑菌の繁殖を防ぐ
  • すんきのタネを入れる(前の年に作ったスンキのこと)
  • 入れることで乳酸菌が増殖する。
  • 28度 でうまく発酵したら
  • 倉庫に移動
  • 1週間で食べれる
  • 赤カブの身を入れるとピンク色になる。
  • ヨーグルトと同じ量の乳酸菌

乳酸菌にも違いがある

ヨーグルトやチーズとの違いは、動物性か植物性か。
植物質の発酵食品は高糖質ではないので健康にもよい。
動物性と植物性があり、すんきやぬか漬けは植物性乳酸菌なのです。

すんきはここがすごい!植物性乳酸菌は腸に届きやすい

ヨーグルトなどは動物性の乳酸菌。動物性は生きたまま腸に行き辛い。
植物性の乳酸菌は、酸の環境で作られるため、生きたまま腸に届きやすい。

すんきにたっぷり含まれている植物性乳酸菌。
他にも20種類以上が含まれている。
腸内環境をよくし免疫力を高める。
すんきの乳酸菌という独特のものがいる。
独自のものが4種類、それがヨーグルトを超える可能性がある。

強い免疫調整作用が強く、感染症の予防、アレルギー花粉症を軽減する。
ヨーグルトを超える発酵食品と考えられている。
様々な料理に応用できる。

食べ方

独特の酸味があるため、鰹節をかけたり、すんき汁、ピザにしたり、パンに埋め込んだりする。
日本古来のスーパー発酵食品すんき。
腸内環境を整え免疫作用を高め、感染症予防でアレルギー対策になる夢のような漬物でした。
信州は塩が貴重だった。
塩がなくて漬物が作れなかったが、昔の人が考えて作ったのがすんき。
神経伝達物質の栄養素にも乳酸菌は必要で、精神状態を良くするのにも有効。

関連記事

1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?
1か月頭を上げて寝ると原因不明のめまいが治る?

原因不明のめまいとは、 微量の耳石が剥がれるなど画像に移らないと

インスリンは自分でお腹などに注射を打って、血糖を無理やり下げる注射です
レベルの低い病院の医療事務は自己注射血糖測定の計算ができない

在宅自己注射の血糖自己測定加算。 2型は60回までですが、 1

実験結果:サウナ一週間で脳の血流量が向上する
高齢者のやる気低下にはサウナ。子供が勉強する気がないにも試したい

認知症のケがある人は、 ●やる気がない人 ●途中であきらめる人

熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全
熱と吐き気と膝の痛みとすり足歩行の病気は副腎不全

熱があってだるい 熱と吐き気 膝の痛みの原因 62歳女性 

日本人の女性は着物の似合う体型なのでなで肩
女性の肩こりの70%は胸郭出口症候群かもしれない

高齢者の肩こりの原因は孫を1日中だっこしてたからって病院にいくほど

→もっと見る

PAGE TOP ↑