食べ順ダイエットは好き嫌いをなくす。先に食べる理由になる

公開日: : 最終更新日:2014/06/19 健康と生活の知恵

野菜→たんぱく質→炭水化物の食べ方が定着

大阪府立大学の今井佐恵子教授は血糖値の上昇に食事の順番が影響することを研究した第一人者。


まず野菜を先に食べ、続いてたんぱく質のおかず、最後に炭水化物のご飯やパンの順で食べたほうがいいことは、いまや多くの人に認知されている。
ただ単調な野菜では職が進まない人もいる。
5月に元祖食べ順、野菜から食べる美味しいレシピという本が刊行される。
食事の最初のメニューとしてカレー風味のキャベツの浅漬や、こんにゃくステーキなどを紹介している。

間食を取るなら夕食時よりも午後の3時

食後の血糖値が異常に高まると、糖尿病を招くだけでなく、心筋梗塞や脳卒中のリスクともなる。
血糖の変動幅も大きい場合は動脈硬化を進行させるだけでなく、最近では認知機能の低下を引き起こすとのデータも出ている。

糖尿病患者がどうしてもお菓子やスイーツを断ち切れない場合の最適な時間を調べることで、昼より3時がいいという研究結果が出た。
メタボや糖尿病予備軍の人は夕食後の間食も控え、間食を取るなら夕食時よりも午後の3時代に一本化したほうがいと今井教授はアドバイスする。
間食は食事時間と切り離した分食にするほうがいいことが示された。

食べ順ダイエットは好き嫌いなくすからいいよね

食べ順については、嫌いな野菜などを残しがちなので、先に食べるいい理由になる。
午後3時のおやつは昔からの知恵なんだなと思いますね。
よく エネルギーは朝一番多くとったほうがいいとされます。
朝に多く食べると、朝から昼、夕方までの日常活動でカロリーが消費されるからです。
夜に食べると、後は寝るだけなので、消化されず胃に残って胃もたれしたり、寝ている間に胃が活発に動き、寝ているのに疲れるなど、健康にはよくありません。

胃もたれをリセットする方法、72時間で
胃もたれクイズ、胆汁が原因も

関連記事

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑