焼き魚に大根おろしをのせる理由とベンツピレン

公開日: : 最終更新日:2014/10/20 健康と生活の知恵

テレビで焼き魚などの焦げた部分を食べると癌にならないと言っています。
焦げに含まれる物質は毎日1000kg食べてやっと癌になるぐらい微量な程度らしいです。
焼き魚の焦げに含まれるのは、ベンツピレンという物質だそうです。
ポテトチップスなどの焦げに含まれるのはアクリルアミドです。

タバコ吸ってもすぐ死なないから、魚の焦げ程度で死なない

どちらもタバコに含まれるもので、タバコを吸う人がすぐ死なないんだから、
焦げやポテトチップスを食べてすぐ死ぬわけはないというのはわかります。
(タバコには他にも200種類以上の有害物質が含まれている)

  • 遺伝毒性:アクリルアミド
  • 遺伝毒性発がん物質:ベンツピレン

遺伝毒性=遺伝子を傷つけること。
日本の食品安全委員会がアクリルアミドについて指摘した
「遺伝毒性」とは、遺伝物質(DNAや染色体)に対して毒性があるという意味で、
「遺伝毒性発がん物質」は、DNAに傷をつけて突然変異を誘発し、これが蓄積すると染色体異常を引き起こして癌になる可能性のある物質を指す。

「遺伝」という言葉は子孫に受け継がれるという意味だが、この場合は食べた人の遺伝物質に影響するという意味で、次世代に遺伝する可能性は極めて低い。
アクリルアミドについては、動物実験で発がん性が確認されているが、人で発がん性があるかどうかはまだ十分な証拠が得られていない。

焼き魚に大根おろしをのせる理由

サンマなんか食べたときは、大根おろしなくては食べれられないぐらい、相性のいいものです。
焼き魚に大根おろしが必ず付いてくる理由は、おそらくビタミンUイソチオシアネートだと思います。

ビタミンU&イソチオシアネート

ビタミンUは、胃酸の出過ぎを抑え、夏動き過ぎた胃を休ませます。
イソチオシアネートはキャベツにも多く含まれる物質で、強力防酸化作用を持ちます。
つまり活性酸素酸素を抑える働きがあります。細胞の老化を抑えるは癌を防ぐ。

昔からの知恵は正しかったということですね。

(硝酸塩(唾液で亜硝酸に変化)が発がん性物質を体外へ排出する効果は本当かどうか不明です。)

関連記事

ペペロンチーノ風、枝豆とシラスのパスタ

枝豆はアルコールを飲むと消耗するビタミンBを補給できる

枝豆は大豆の若いやつです。 大豆が未熟

記事を読む

ミントタオルの作り方

ミントタオルの作り方

吸うだけで繊毛の働きがアップするのでイン

記事を読む

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン

血液検査で栄養失調がわかるアルブミン。寝たきり予防に肉

肉が好きだと大盛りになり体に負担を与える

記事を読む

no image

コーヒーは、すい臓癌,肝臓癌,子宮体癌のリスク低下、緑茶は胃がん

コーヒー飲むと癌になるのはウソ。 コー

記事を読む

no image

春のトマトは肥満対策にいい13オキソODA

夏野菜のイメージのトマトですが、熊本県は

記事を読む

no image

鼻呼吸でアトピーが治る?

口の中の細菌感染は体全体の免疫を乱し、一

記事を読む

no image

癌の予防効果のある食品が知りたい

1990年アメリカ国立がん研究所では以下

記事を読む

no image

秋のダイエットに使える体にいい野菜ベスト8

秋に美味しい野菜!本当に体にいい野菜ベス

記事を読む

下の顎、顎が小さい人は舌が後ろにスペースがない

小顔や顎が小さい人はいびきをかく。横向きで寝よう

痩せている20代女性でも睡眠時無呼吸症候

記事を読む

no image

活性酸素を減らすビタミンCの量は毎日500グラム

風邪を引きにくくするビタミンC。 血管

記事を読む

力を入れたときに症状=袋に髄液が多く入り、神経をより圧迫する
力を入れたときに足・手のしびれの頸椎の病気は硬膜内くも膜嚢腫

両足のしびれと歩き方が変。 足全体にしびれが広がる。 スムーズにあ

no image
初診のPPI製剤の病名に胃潰瘍とつけないで

初診のとき、 バファリン、バイアスピリンが投薬されず、 PPI製剤

no image
福祉医療で役所から銀行振込がない場合に疑う場所

更生医療や育児 が窓口で上限設定されず、 窓口で全額支払いし、後から

左の腎臓が腫れている、2倍大きくなっていた
出産も可能!同時に尿管と卵巣を手術できる病院は倉敷成人病センター安藤院長

保育士、2年前に結婚。 子供願望があり気になるのは月経。 10代か

唾液の効果を発揮するためには時間が必要
虫歯にならないためには間食が多いと唾液の働きが無駄になる

虫歯にならないためには歯にプラークをつけないこと。 プラークが歯

→もっと見る

PAGE TOP ↑