風邪インフルエンザは水分を嚥下し日光を浴びる事

公開日: : 健康と生活の知恵

主治医が見つかる診療所より、風邪の予防法を2つ。
風邪を20年引いたことがない 小児科の浦島医師。

1つは嚥下、水分をこまめに取る

10分~15分に一回お茶などを飲む。
風邪などのウイルスは喉で繁殖する。
水などを飲んで嚥下し、ウイルスを飲み込んでしまう。
すると胃にいく。胃は胃酸が強く風邪のウイルスは繁殖しない。
ちなみにうがいでは喉の奥の菌は取れない。

2つめは、散歩で日光を浴びる

日光に当たって皮膚の下にビタミンD
が生成、免疫力をアップさせる。20~30分で一日分が作れる。
半袖だと全然違う。
冬は紫外線の量が多いし寒いから厚着しがちだが、ビタミンD生成のために薄着。
骨を強くするビタミンD。
イワシサケサンマなどの魚類 しいたけしめじのキノコ類、食事だけでは足りない。
ビタミンDの9割は日光で作られる

生活のなかで無理なく取り入れ、無理なく。
風邪、インフルエンザになると遅い。普段から予防しましょう。

ウイルスはビ粘膜など15分ぐらいで入る。うがいはやっても効果がない。
インフルエンザは手洗いをした後のタオルでも家族で感染する。
飛まつ感染ではない。家族でも別々の家族を使おう。

no image
急性期一般入院料234567での在宅復帰率

急性期入院料1のみが施設基準で8割を満たすとある。 それ以外は提出義

熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相
熱35度で検査したらインフルエンザAだったの真相

仕事で忙しいから、一番高熱のピークで病院行かず、 風邪ひいた後の

no image
受付時間からピポットテーブルと統合機能で各日付の医師別患者数を出す

エクセルが手入力の早さに負けた日・・・ 病院の患者数。 過去3

no image
銀杏中毒は100個食べると痙攣で口から泡を吹く

銀杏の実は茶碗蒸しに1個入っている。 テレビ番組で女の子が銀杏中毒に

尿が赤い、泡、10回、寝ている時に4~5回で腎不全の可能性
限界を超える運動で横紋筋融解症。茶色いコーラ色の尿

フィットネスで お腹のたるみ、お腹の膨らみ。 茶色い尿。 血中ミ

→もっと見る

PAGE TOP ↑