子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

公開日: : TVCMや番組の感想

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイルドアカデミーが紹介されていた。
七田チャイルドアカデミーはフィギュアスケートで有名の本田家3姉妹が通っているスクール。

図柄を高速で読み上げる

やっているのは、英才教育幼稚園などで有名な手法だった。
図柄を入れ替えて高速で読み上げる。
図柄を覚えさせている。
視覚イメージで覚える。
図柄と図柄を関連付けて覚える。
巣→駅→ゲンゴロウなどを、絵を見て瞬時に答えるのではなく、連続で覚えることに意味があるらしい。
訓練すれば3~4歳になれば50連続で覚えられるらしい。

難しいストーリーの紙芝居をする

子供に想像させるのがいい。
偉人が出ているのがいい。
本田真凛ちゃんは、この訓練のおかげで、スケートの練習で違うステージの本番を想像して練習できるらしい。

他にも、吹奏楽部で無名校を全国に出場させた先生が出ていた。
やる気をアップさせる秘訣

係を100個作る

誕生日係 トラック係 先生の血圧係 秘書など・・
自分の居場所がある、皆のためにやっているというのが自分自身のやる気につながる。
運営にかかわらせる。生徒が自分たちで担当を作ったそうだ。

挨拶に必ず一言付け加える

あなたのこと見てるよ、という安心感につながる。

先生の学ぶ姿勢を見せる

先生が学び練習している姿失敗している姿を見せて笑わせるのもいいらしい。

楽器を使わず歌って練習する

自信をつけるのに効果的だそうだ。
吹奏楽部に音痴はいない。

関連記事

no image

胎児手術 妊娠した母に全身麻酔子宮を開き赤ちゃんを手術

胎児手術、日本では10年前に1件のみ。

記事を読む

no image

八代英樹、新春SP、法律○×テスト

1月10日のお昼の時間。八代英樹、新春S

記事を読む

ひきつけ、呼吸困難の感染症は天然痘の一種だった

ひきつけ、呼吸困難の感染症は天然痘の一種だった

原因がわからない、テレビの実録世界のミス

記事を読む

新型のピンククラウンのレクサスと競合を避ける戦略

新型のピンククラウンのレクサスと競合を避ける戦略

そもそもピンククラウンは ピンクにした

記事を読む

no image

みそ汁 変身 リゾット ズボラ飯 スイートポテト

ずぼら飯は調理器具を使わずに洗物が少ない

記事を読む

no image

GWは自宅で満喫、主張サービスで思い出作り

シェフなび、自宅にシェフを呼び、家で作っ

記事を読む

no image

手作りセットキット組み立て式露天風呂温泉ビールソーセージ

GWは家で手作り料理キットで楽しもう。

記事を読む

no image

男が1人で百貨店にアクセサリー買いに行った話

男性が女性のアクセサリーの店に1人で行く

記事を読む

no image

たけのこの白い点と汁はチロシン!受験生に必要!

たけのこにはチロシンというアミノ酸の一種

記事を読む

no image

重複カルテの証拠隠滅方法、すり替え

重複カルテの1号を消してしまい、2号を新

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑