胎児手術 妊娠した母に全身麻酔子宮を開き赤ちゃんを手術

公開日: : 最終更新日:2015/01/24 TVCMや番組の感想

胎児手術、日本では10年前に1件のみ。
日本で胎児手術が定着しない理由の一つ。
日本特有の考え 生まれる前の子供はそっとしておいた方がいい。
妊娠した母に全身麻酔をし、母胎にメスを入れ、子宮を開き、赤ちゃんを羊水から外気に触れさせる。母胎の命を伴う危険を冒してでも…
反対の医師が多い。日本では母胎の安全を重視しているから。


妊娠中の手術・胎児手術 こんなときどうする?―妊娠の生理・病態理解と術式マスター (OGS NOW 15)

検索してみると、本はあるんだなと。
中絶以外の方法としてできることがあるか?千葉医師に切実なメールが届く。

国立成育医療研究センター。
肺に野球ボール大の腫瘍で逆の肺をつぶしている。
七海ちゃんの例、1958gで生まれた、生後2日目に死亡。
だが母は、生きていた状態で生まれてよかった、死んだ赤ちゃんを取り出すよりも。
日本では胎児手術はこれ一件のみ。

アメリカでは希望の手と呼ばれる写真がある。
胎児手術 肺腫瘍はアメリカでは年間100件行われている。

胎児手術の希望とリスク。
おなかの赤ちゃん難しい進化した医療で問題を取り除く選択をえらぶのか?
胎児を救うための最終手段を考えられているが、日本ではほとんど行われていないという、本日2013/11/4のニュース23の特集からでした。

関連記事

no image

みそ汁 変身 リゾット ズボラ飯 スイートポテト

ずぼら飯は調理器具を使わずに洗物が少ない

記事を読む

ひきつけ、呼吸困難の感染症は天然痘の一種だった

ひきつけ、呼吸困難の感染症は天然痘の一種だった

原因がわからない、テレビの実録世界のミス

記事を読む

no image

手作りセットキット組み立て式露天風呂温泉ビールソーセージ

GWは家で手作り料理キットで楽しもう。

記事を読む

no image

氷を食べる理由は貧血、鉄欠乏性貧血

氷が美味しいと感じる理由。 妊娠中にも

記事を読む

新型のピンククラウンのレクサスと競合を避ける戦略

新型のピンククラウンのレクサスと競合を避ける戦略

そもそもピンククラウンは ピンクにした

記事を読む

no image

子供の記憶力とやる気が上がる七田チャイルドアカデミー

子供の記憶力が上がるツボで、七田チャイル

記事を読む

no image

歯科医の給料が上がる転職

実は町中のビルの2階とかでやってる歯科医

記事を読む

no image

風疹の抗体検査の費用は約2000円、妊婦注意

風疹はワクチンの接種が最大の予防です。

記事を読む

no image

たけのこの白い点と汁はチロシン!受験生に必要!

たけのこにはチロシンというアミノ酸の一種

記事を読む

no image

男が1人で百貨店にアクセサリー買いに行った話

男性が女性のアクセサリーの店に1人で行く

記事を読む

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

no image
Fr+ レントゲン はどういう意味?

Fr+ レントゲン はどういう意味でしょうか? カルテにFr+ 

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見
若い女性が幻覚幻聴 アメリカの記者がこの病気になり広めた抗NMDA受容体脳炎

抗NMDA受容体脳炎 2007年に発見 膠原病 外敵から身を守る

→もっと見る

PAGE TOP ↑