赤字空港でメガソーラー発電 枕崎空港

鹿児島県の枕崎市にある枕崎空港は赤字で財政を圧迫している。
巨額赤字解消への秘策に空港を廃止し、メガソーラーに土地を貸し出すことが決定した。
鹿児島県枕崎市とオリックスと九電工が行う。
市の職員は、負の遺産の解決の道筋を見つけた、マイナスの資産がプラスの資産に変わる期待と。

枕崎空港は近距離小型機用の空港で21年前に開港した。
チャーター便や遊覧飛行機でにぎわったが、現在は防災ヘリとグライダー愛好家が使っているだけ。
第三セクターが運営し、毎年1800万円の管理費がかかり、毎年歳出の超過が続いている。
21年間で8億3500万円。空港は老化し、市の負担は増える一方で空港廃止を模索していた。



電力会社の固定価格買取制度を利用

メガソーラーは電力会社の電力の固定価格買取制度を利用する。
滑走路と広場に5万枚以上のパネルを敷き詰める。
オリックスと九州電力に売電8.5メガワットする。
ターミナルビルは学生や企業向け研修施設などに階層する。
賃貸料、毎年8500万円が市の収入になる。

建設には地元の企業が参画。長野建設。
枕崎では、鹿児島の中でも仕事が少ないので期待。メンテナンスも期待。
第三セクターの雇用も維持し管理をお願いする。
オリックスは全国で赤字空港のメガソーラー発電事業を展開する予定。
赤字空港の発電のモデルケースになるでしょうか。



オリックス+九電工がメガソーラーを運営、
電力会社に発電した電気を売り、場所の賃貸料を市に払う。
枕崎市は年間8500万円で土地を貸し出しする。

課題は、リスク3つがある。
制度 固定で買い取ってもらうのは大丈夫なのか、
いろんな受容体が破綻した時どうするのか、
海や火山に近い、津波などの災害にどう対応するか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>