車が衝突を通報するシステムecall

車の緊急通報と進化するレーザー。
ミリ波レーダーの、車両の衝突被害軽減システム(PCS)と車間距離制御システム(ACC)、
スバルのアサイトで有名になったシステムですが、これに加え、
自動車では、車が自分で緊急通報をするシステムが作られています。

事故発生と同時に車が緊急通報をする、eCall。
車からデータがGPSの位置情報が緊急通報ユニットから送信される。
車の中で壊れにくい場所、キャビンの中にある。

ecallは、
2014年ロシア、
2015ヨーロッパで義務化される。

日本でもオプションではなく標準搭載になる可能性がある。2014~2015年には。

これを海外に売れば国内メーカーの新たな収入源。
アジアの自動車メーカーには低価格よりも質を重視した日本車を売る。

センサーネットワークに時代
日本のノウハウ技術をアジアに売れば新しいマーケットになるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>