牛肉の規制緩和でアメリカ産牛肉は5~6倍の供給量になる

牛肉の規制緩和で、生後20ヶ月から生後30ヶ月まで可能になる。
アメリカの供給量は生後20ヶ月以下に比べて5~6倍の供給量になる。
だから値段が下がり、脂が乗りおいしくなる可能性もある

焼肉屋さかいでは牛肉輸入緩和の影響でカルビがおいしくなる。
焼肉屋さかいではメニュ-50%以上アメリカ産。
生後20ヶ月から30ヶ月になるとサシがはいるので脂身が入るのでおいしくなる。

アメリカ産牛肉サーロインステーキ400g×6枚セット【YDKG-tk】

価格:9,980円
(2013/2/1 23:32時点)
感想(3件)

カルビはゴールデンウィークに値下げする予定、1皿590円を490円にしたい
焼肉屋さかいでは肉を冷凍ではなくチルドで輸入。
50%からアメリカ産を80%に増やしたい。

客は肉が安くなれば、おいしくなればいいと思っている。
2003年BSE感染で輸入禁止になった。
今ではアメリカ産は23.3% オーストラリア65.5%である。
厚生労働省はBSE感染は激減したから規制緩和に踏み切ったそう。

緩和対象は今月下旬の平成25年2月下旬から。
西友 赤羽店 100グラム127円の商品を30円引きで販売。
ウォルマート調達力を活かし、客の囲い込みを狙う。

牛肉チム用カルビ アメリカ産 (冷凍)

価格:1,350円
(2013/2/1 23:33時点)
感想(0件)

アメリカ産の輸入は45%アップの予定、
西友はアメリカ産牛肉去年の売上の2倍を目指す。

牛肉の輸入の商社の冷凍倉庫、日本に非常に人気のあるのはバラ肉。 
アメリカ側も規制緩和に向けて動いている。
アメリカの供給量 生後20ヶ月以下に比べて5~6倍の供給量になる。
アメリカではえさになるとうもろこしだがエサの高騰により牛肉の値段が上がっている
今までは円高で相殺していたが、今後はどうだろうか。

値段は5~10%下がる。円安が進行しているから円相場に左右される。
オーストラリアも対抗して値下げするだろうし、日本産が好きだという人もいる。
現時点では慎重な見方とのことです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>