ショールーミングはお店で買わないネットで買う

公開日: : WBS、平日夜11時

店舗では商品を見るだけで買うのはネットで買うことをショールーミングというらしい。
ショールーミングに負けない店舗作りが最近のリアル店舗の主流。
消費者のネット流出が止まらない。


例で紹介されたのが、アマゾンのタブレット端末、
アマゾンキンドルファイヤは店舗では売らない。
なぜなら、店舗で実物を見て、アマゾンのネットで安く商品が買われてしまう事を防ぐため、
リアル店舗の戦略の一つですと。

ヨドバシで価格のところにバーコードがある。
これは、ネットの価格を正々堂々と見てもらうためのもの。
バーコードを携帯でかざして最安価を探すことが出来る、
価格ドットコムスマートフォン向けサービス。

スマートフォンの利用者数の増加に伴い、家電だけじゃなく百貨店などでも購買客の流出が止まらない。
客を取られている百貨店も動き出した。

百貨店で体験型サービス

東武百貨店は、体験やサービスを売る、東武ビューティーテラスを作った。
体験型店舗で、女性のすっぴん力を上げていくことがテーマ。
体の中から女性をきれいにすることをテーマに、
血液、髪、顔、毛穴、ボティー、筋肉の6つに分かれている。
専門店ならではのこだわりで客の満足度を上げる。

気軽な30分4200円、女性がお小遣いでサロンを受けれる。
買い物のついでに立ち寄り、軽い負担で立ち寄れるようにする。
体験はネットでは無理。

子供向け料理教室で体験型サービス

子どもをキーワードに成功している企業も。子供向け料理教室。 
お菓子作り体験、クラブハリエキッズ、レッスンスタジオ。
1レッスン 、1回1575円、1日8回休日は予約でいっぱい。
コック帽子をもらえる。

子どもが来たい店作り。子どもが来たいといえば家族が来るだろう。
フロア室を徹底し試着室も子供向けに改装、子どもと親が一緒に遊べるスペース。
集客は2倍以上に。
売り場以外のスペースが15%にも増えてしまった。
売り場を小さく圧縮してでも効果がある、売上につなげたい。

店舗が展示場になってしまっているのは日本だけではない。
客との距離を繋げる、ネットに載らないサービス、
リアル店舗しかない商品を五感を訴える体験店舗で、ショールーミングに対抗する。

関連記事

no image

手作り品の販売で客を呼べ、テトテ クリーマ クリエーコ

伊勢丹新宿店では人気のネックレスイヤリン

記事を読む

no image

定番の成長戦略と後味とドーナツとハンバーガー

大手2社が商品のリニューアルで定番のテコ

記事を読む

no image

仕事の心の病、高知県庁の取り組み、結スペース

心の病、ゆとり教育の後輩、業務量が多

記事を読む

no image

チャールズ&キースが原宿で春にオープン

HANDMなど激戦区にアジア雑貨で日本上

記事を読む

no image

ドライブスルーのJINS、群馬では銀行や洋服直しも

ドライブスルー車に乗ったまま購入できるサ

記事を読む

no image

年収2000万円稼げる専門学校はイギリスの伝統バトラー

ロンドンホテルのパーティールームではある

記事を読む

no image

留職とグローバル人材 大学を1年間休学して留学

グローバル人材と大学、留職プログラム。

記事を読む

no image

スタッフ副店長 はなまるうどん 職位

はなまるうどんでは新たな職位 バイト暦

記事を読む

no image

ガソリンスタンド減少の地方に電動バイク、クレームに負けない

電動バイクは盛り上がりを見せたが、今はメ

記事を読む

no image

車が衝突を通報するシステムecall

車の緊急通報と進化するレーザー。 ミリ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">

no image
症状詳記の例文:足底筋膜炎 体外衝撃波疼痛治療術 ESWT

適応疾患は足底筋膜炎 K096-2 体外衝撃波疼痛治療術(一連に

no image
関節拘縮は保険請求できないのに足関節可動域障害は可能?

足関節可動域障害の理学療法がNHKで紹介されていました。 アキレ

脳MRIは撮影の条件を変えることで分析ができる
脳MRIでD+Fでお願いしますとは?

脳MRIでD+Fでお願いしますというオーダーがありますが、D+Fとはデ

巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重
巨細胞性動脈炎の症状は顎がだるい、薬が効かない頭痛、発熱、右肩の痛み、物が二重

薬が効かないズキンズキンとする頭痛。 熱が二週間前から続いている

no image
アトピーの嫁が行く皮膚科の先生は寿司屋だ

嫁はアトピーなので塗り薬を毎日塗りまくる。 息子は肌が綺麗なのでアト

→もっと見る

PAGE TOP ↑